[Kyber Netwok] KyberDMM は Binance Smart Chain でも利用できます。

KIP-12が承認されたことで、DeFi初のマルチチェーン・ダイナミック・マーケットメーカー・プロトコルであるKyberDMMがBinance Smart Chain (BSC)にも展開しました!
また、BSCの1周年を記念して、BSCネットワークを「Rainmaker」リクイディティマイニングプログラムの対象としています。9月2日より、リクイディティプロバイダーに400万ドルのKNCインセンティブが与えられています。KyberDMMのローンチをサポートするために、バイナンスはBEP-20バージョンのKNCを上場し、BSCネットワークへのKNCの入金/出金を可能にします。
KyberDMMは以前、イーサリアムとポリゴンのネットワークで運用を開始し、総取引量が11億ドル、ロックされた総価値(TVL)が5億ドルを超えました。カイバーは、この成功をBSCでも狙い、さまざまなチェーンでの採用を拡大し、DeFiの流動性プロバイダーに柔軟性と資本効率の向上を提供する戦略の一環として計画しています。

https://medium.com/media/6944e95e0dac7b1462832bad06c5effe/href

Binance Smart Chain (BSC) とは?

Binance Smart Chain (BSC)はEthereum Virtual Machine (EVM)互換のサイドチェーンで、そのスピードと低い取引コストにより、Ethereumメインネットの代替として人気を集めています。BSC上のトークンはBEP-20規格に準拠しており、Binance Bridgeを使ってEthereumとBSCの間で資産を移転することができます。現在、ネットワーク上にはすでに数百のプロジェクトが存在し、TVLは190億ドルを超えています。
Kyberはまた、Coin98、DeFi Warrior、Faraland、Bunicorn、My DeFi Pet、Wanaka Farmなど、BSC上で人気のあるいくつかのプロジェクトと協力して、DeFiとNFTのエコシステムの発展に貢献する予定です。

BSCエコシステムに高い資本効率性をもたらす

KyberDMMは、極めて資本効率が高く柔軟性の高い流動性プロトコルであり、流動性提供者が資本を最大限に活用することを可能にします。一般的なAMMと比較し、数分の1のTVLで、増幅された流動性と低スリッページを提供することができます。これにより、BSCエコシステムのユーザーの全体的な取引や流動性提供の体験を向上させることができます。

BSCへのKyberDMMの導入により、取引手数料の一部はKyberDAOに続いてKNC保有者にも還元され、イーサリアムやポリゴンへの既存のKyberDMMプロトコルの導入を補完することになります。

流動性マイニング

KyberDMMはBSCにて、KNCリワードを含む流動性マイニングプログラム “Rainmaker” を開始します。詳細に関心ある方は、以下の英語リンクからお願いします。

KyberDMM Launches on Binance Smart Chain with $4M in Liquidity Mining Rewards

なぜDMMを使うべきか?

流動性提供者は、BSC上の一般的なAMMでは得られない重要なメリットを享受できます。

増幅プール: 流動性は、資本効率を大幅に改善し、取引のスリッページを減らす増幅流動性プールを選択することができます。同じプールと取引サイズで、価格帯の変動が少ないステーブルコインペア(例:USDT/BUSD)は、他のプラットフォームと比較して最大200~400倍の低スリッページを享受できます。流動性提供者はより良い価格を提供し、少ない資本でより多くの手数料を得ることができます。

ダイナミック手数料: プロトコル手数料は、マーケット状況に応じて動的に調整されます。リターンを最大化し、流動性提供者のインパーマネントロスの影響を軽減します。

完全なパーミッションレス: 誰でもプールを作成したり、既存のプールに流動性を追加したりすることができます。また、Dapp、アグリゲーター、エンドユーザーは誰でもこの流動性にアクセスすることができます。KyberDMMは、すでに1inchやMatchaと統合されており、さらに多くのアグリゲータやDappsとの統合が予定されています。

セキュリティへの取り組み: KyberDMMのコードベースは、チームとChain Securityなどの外部監査機関による監査を受けており、重大な問題は発見されていません。また、Githubでソース公開しており、コミュニティによるレビューを受けています。KyberDMMはサードパーティのオラクルを使用していないため、外部のオラクルリスクはありません。また、Kyber DMMは、分散型保険プロバイダーであるUnslashed Financeによって2,000万ドルまでカバーされています。

BSC上のDeFiユーザー、ようこそ!

Kyber のビジョンは、Binance Smart Chain(BSC)などのネットワークにDeFiの持続可能な流動性インフラを提供することです。

この400万ドルのRainmakerプログラムは、BSCネットワークにおけるKyberDMMの存在感を高めるものであり、BSC DeFiエコシステムのための持続可能でスケーラブルな流動性インフラを構築するための大きなステップとなります。配布されるKNCリワードは、BSCの流動性提供者にKyber Networkのステークホルダーになってもらうためです。

BSCのRainmakerは、ブロック:10,557,000からスタートします(~Thur, September 2nd. 13:52:33 GMT+07)。

BSCのエコシステムプレーヤーがKyberDMMに流動性を追加し、ダイナミック手数料、高い資本効率、KNCの報酬を享受することを歓迎します。BSCプロジェクトは、Kyberとの共同流動性採掘キャンペーンを提案することもできます。

KyberDMMでの構築をお考えの開発者の方は、開発者向けドキュメントをご覧ください。
TwitterDiscordでフォローして最新情報を入手してください。

Kyber Network

Kyber Networkは、DeFiに持続可能な流動性インフラを提供することを目的としています。流動性のハブとして、Kyberは様々なプロトコルやソースからの流動性をつなぎ、Dapps、アグリゲーター、DeFiプラットフォーム、リテールユーザーなどのテイカーに最適なレートを提供します。

誰もがKyberネットワークに流動性を提供することができ、Dappsは流動性のニーズに応じて異なるプロトコルを統合することができます。Kyberを使えば、開発者はトークン交換や決済、金融機能を伴う革新的アプリケーションを構築できます。

Kyberは100以上の統合プロジェクトを持ち、ローンチ以降、50億ドル近い価値交換を実現しています。


KyberDMM は Binance Smart Chain でも利用できます。 was originally published in Kyber Network on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.



>> View on Kyber Netwok

Join us on Telegram

Follow us on Twitter

Follow us on Facebook

You might also like

LATEST NEWS

LASTEST NEWS